EUREKA!

アルキメデスが浮力を発見した時に「EUREKA!」と叫んだとのこと。日々の企業支援や研修におけるEUREKA!を発信します。

普通がイチバン(その1)

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

金曜日は「補助金のツボとコツ」です。

 

◆百文は一図に如かず

 

以前のブログで、上記のタイトルで投稿しました。

halotaconsulting.hatenablog.jp

 

そうなんです。補助金申請書は「審査員へのプレゼンテーション」であることは間違いないのですが、精緻な図は要らないのです。

 

◆いつも入れている表

 

今日は、いつも申請書に盛り込んでいる表を紹介します。

f:id:halotaconsulting:20211015091329p:plain

診断士の方なら誰でも知っている「アンゾフの成長ベクトル」です。

支援機関の方も職員研修などで、学習された方も多いと思います。

左上が既存事業。新規事業の方向性は、下か、横か、斜め下。

再構築補助金は「思い切った再構築事業」が求められているので、斜め下であれば、要件としてはOKです。

f:id:halotaconsulting:20211015091743p:plain

例えば、観光地にある地元密着の飲食店が、近隣に宿泊施設を建てる事業。まさに「思い切った再構築事業」です。要件としては、OKです。

もちろん、宿泊施設としての実現性と採算性は、きっちりと計画書にアピールする必要があります。

思い切った事業であればあるほど、実現性と採算性は疑われるからです。

 

◆「普通がイチバン」というタイトルを付けた理由

 

なぜ「普通がイチバン」というタイトルを付けたのか。

それは「審査員が必ず知っている表」だからです。

もちろん、別に上表が必須というわけではありません。それぞれの方法でプレゼンテーションするのがベストです。

でも「精緻で美しいけど、分からない人がいるかもしれない表」よりも「シンプルだけど、おそらく分からない人はいない表」のほうが良いと思って、今日のコラムをかいてみました。

 

◆その2,その3もあります

 

この話は、その2、その3があります。

実は、上の表、もうちょっと足す必要があります。

そして、矢印が斜め下じゃなくて、横か下の場合はどうするか。

なので、第2号があるという前提で「その1」というタイトルを付けました。

そう、大リーグボール第2号が出る前に、第1号と名付けた巨人の星のごとく。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com