エイエーオー!

株式会社エイチ・エーエルの太田です。経営コンサルティングとセミナー・研修などを行っています。

BIZミルで事業継続力強化計画

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

 

木曜日は「BIZミルで経営力アップ」。

弊社が開発した経営支援基幹システム(BIZミル)の普及を通じて、多くの経営支援機関、そしてその先の中小企業・小規模企業の支援を行っています。

 

◆事業継続力強化計画とは

 

事業継続力強化計画の認定制度があるのをご存知でしょうか。

中小企業庁のホームページのリンクを貼っておきます。

www.chusho.meti.go.jp

一言で言うと「自然災害や感染症への対策をまとめた計画」のことで、この計画を各地方の経済産業局経済産業省の支店のようなもの)が認定するという制度のことです。

 

災害対策等の設備投資に対する融資制度を受けられたり、ものづくり補助金の審査における加点対象だったりします。

 

◆BIZミルを使って、作っています

 

ものづくり補助金の審査の加点対象なので、ものづくり補助金の支援をするときは、事業継続力強化計画も作ります。なぜ、設備投資に災害対策?と思ったりもしますが、そんな根本的なことは気にせず、せっせと作っては、事業者とやり取りしています。

 

この事業継続力強化計画を作るのに、BIZミルがすごーく役に立っています。

ジャパネットたかたの高田社長のように、自分で使って、顧客にサービス提供して、商品の良さを伝えたい私。そんな私がお勧めするのが「BIZミルの事業継続力強化計画作成機能」です。社員も使っていて、お勧めと言っています。

 

まず、事業継続力強化計画は、こんな手引きをもとに作るのですが、右上にも書いているように「予告なく修正される」のです。手引きのページ量も多くて、結構大変です。

f:id:halotaconsulting:20211021084049p:plain

 

こちらが、BIZミルの機能。画面の一部です。

 

f:id:halotaconsulting:20211021083315p:plain

 

変化する機能に合わせて、カスタマイズしています。また、左側のガイド機能に沿って入力すると、どこが入力できていて、どこが不足しているかが分かります。最後にWordの申請書に転記されます。

手引きを見て作る必要は、ほとんどないのです。

 

各地の経済産業局から修正依頼があったとしても、BIZミル上で修正対応して、Wordを再出力して修正しています。

 

現在、BIZミルは、商工会や商工会議所などの支援機関に使っていただいております。ぜひ、事業者様の支援にて役立てていただきたい機能です。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ 当社ホームページ

☆ 当社経営コンサルティング事業部ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com

「事業再構築補助金無料セミナー」開催します

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

水曜日は「日々の仕事の現場から」です。

 

メールマガジンを発刊しました

 

補助金・融資をコンセプトにしたメールマガジンを発刊しました。

過去にご縁があった事業者様を中心にお送りしています。

早速メールをいただいたり、配信停止の連絡を頂いたり。

ありがたい限りです。配信停止でもありがたいです。

今後他のお客様に注力できるのですから。

 

◆事業再構築補助金をテーマにセミナーを行います。

 

12月中下旬に〆切が予定されている事業再構築補助金第4回公募。

現時点では〆切まで余裕があり、採択に向けて何をすべきかをじっくり考えることができる期間でもあります。

つきましては、当社にて採択支援を行ってきた当社の経験やノウハウを短時間でお届けするミニセミナーを開催いたします。


◆日時 :2021年10月28日(木) 14:00〜14:30
◆形式 :オンライン

◆費用     :  無料

◆申し込み方法 :以下をクリックし、申込フォームから申込みをお願いします。

 

form.run

(確認後、ZoomのURLをお送りします。)

皆様方のご参加をお待ちしております。

 

◆3つとは

 

採択のポイントを3つに絞って、お送りしようと思っています。

1つだけ説明すると「良いもの」です。

 

良いものじゃないと売れないし、良いものであることを証明しないといけない。

そのためには、強みに基づいた商品であることが必要です。

 

そのほかは、セミナーにてお話いたします。

 

いずれにせよ。事業部のホームページができて、メルマガ、セミナー等の販促インフラが整ってきました。これからいろいろと動きますよ。

 

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ 当社ホームページ

☆ 当社経営コンサルティング事業部ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com

西海讃歌

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

火曜日は「I love Nagasaki」。長崎の魅力を伝えます。

 

◆やっとやっと帰ります

 

週末やっと帰省します。

交通手段を考えたり、友人と会うスケジュールを組むのは久しぶり。親にも会います。楽しみです。

 

コロナ禍は「行けるときに行く」「会える時に会う」「やれるときにやる」ということを教えてくれました。いま行かねば。

 

◆長崎のCMと天気予報

 

地方に行けば、地方ならではのCMがあります。

長崎のCMは、歌が多いと言われます。代表的なのは「平安閣」ですね。

(長崎以外の方はご存じないと思いますが。)

 

そして、天気予報。子供の頃は、これ。西海讃歌です。


www.youtube.com

 

夜の21:55に流れます。

私はこのCMが好きで、他局の番組を見ていても、21:55になると天気予報に変えていました。

 

海や島の美しさ。そしてスケール感ある音楽。長崎らしい。

 

◆ちなみに熊本は

 

島原は有明海に突き出しているせいか、福岡、佐賀、長崎、熊本のテレビが見れました。一番よく映るのは熊本でした。なので同じ番組が各地のテレビ局で放送されるときは、熊本のテレビ局を見ていました。

 

ちなみに、熊本はこちらになります。


www.youtube.com

 

長崎と熊本の、この違い(笑)。

ちなみに流れている曲は「赤ちゃん戦争」という、スペイン映画で流れる曲。結構、壮絶な映画です。なんで、これ選んだんだろう・・。

 

でも、熊本出身で東京在住の友人に、このyoutubeをつけてメッセージを送ったら、久しぶりに聞いたんでしょうね。感涙してくれました。

 

音楽って、一気にその時代に戻りますよね。

渡辺美里の「My Revolution」とか、イントロの5秒で一気に、高校時代や大学時代に戻ります。

 

話が飛びましたが「西海讃歌」でした。週末帰ろ。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ 当社ホームページ

☆ 当社経営コンサルティング事業部ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com

ビジネスで一番大切なしつもん(松田充弘)

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

月曜日は「今週の一冊」。今日はこちら。

以前、朝の異業種交流会に参加していました。その時のメンバーから紹介していただきました。

 

◆質問ってほんとに大事

 

いま1日1人以上の方と新規でお会いしています。

「うまくいった」と思うときは、だいたいは「効果的な質問が出来た」ときです。

 

関係性を深めるも、問題解決につながるも、売上に繋がるも、全ては質問次第と言い切ってもいいくらいです。

 

本書では「質問」を「しつもん」と表現して、いろいろなことを教えてくれます。

 

◆相手から「しつもん」されたい人になる。

 

・・・しつもんのテクニックをいくら身につけても、しつもんする人が魅力的でなければ、「しつもん力」は生かされません。(同書より)

 

確かにそうです。私もいつも研修で伝えています。経営相談の際に「この人は、私の問題を解決してくれる」「一緒になって考えてくれる」と相手が思わなければ、相手も言葉を発しないし、質問もできないでしょう。

 

◆しつもん力を身に着けるために「人に数多くしつもんして慣れる」というのは不適切

 

・・・まずは自分自身に向けていいしつもんができなければ、相手にもいいしつもんができません。しつもんは、相手がいなくても、好きなだけ練習できます。(同書より)

 

よく「習うより慣れよ」と、いろいろな場面で「数の重要性」が言われます。しつもんについても確かにそうですが、まずは「自分にしつもんする」ことが重要。確かに「自問自答」という言葉もあります。

 

◆まとめて言い換える

 

ただ繰り返すのではなく「まとめる」「違う言い方をしてあげる」ことも有効。

例えば「相手の値引き要求が厳しいので、利益を確保しながら、どうやったら相手の要求に応えたらよいか悩んでいるんです」という発言に対し、

悪い例は、そのままほぼ同じ言葉で「相手の値引き要求が厳しいので、利益を確保しながら、どうやったら相手の要求に応えたらよいか悩んでいるんだね」とそっくりそのまま返すこと。

良い例は「相手の要求と利益の両立で苦労してるんだな。で、君のアイデアは?」など、まとめて、考えを整理して、一歩先に進めていくというしつもんです。

 

確かに、相手が理解していないなあという思うときに限って、そのまま同じ言葉を繰り返されることがあります。そのときイラっとしますよね。

 

ちょっと昔の本ですが、質問が重要と感じる場面が多々あったので、読み返してみました。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ 当社ホームページ

☆ 当社経営コンサルティング事業部ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com

受講生のお店で過ごしたい

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

日曜日は「休日的話題」です。

 

お昼は北千住で義両親とお昼。

コロナ禍でなかなか会えなかったのですが、お元気で良かったです。

 

北千住の前に、綾瀬の「カフェリサータ」に行きました。

ホームページは

abarcaffe.wixsite.com

 

当社が講師を務めた創業塾をご受講され、創業して、もうすぐ1年。

ご主人は中小企業診断士で、よく存じ上げています。

そんなこともあって、その創業塾は私が登壇したわけではないのですが、北千住方面に行くときは、寄るようにしています。

ちなみに当社で行う創業塾の基本テキストやワークシートは、私が作成しています。

 

綾瀬駅南口から徒歩3分くらい。東武スカイツリーライン小菅駅からも歩けます。

f:id:halotaconsulting:20211017163952j:plain

いいお店です。大塚にこんなお店が欲しいなあと思うくらい。

f:id:halotaconsulting:20211017164004j:plain

私自身が担当する中小企業診断士養成課程の科目は「創業・ベンチャー」。

養成課程の皆さんにとっては「活きた事例」であるとも言えます。ぜひ、行ってほしいと思っています。

 

受講生のお店や支援先のお店へは、なるべく足を運ぶようにしています。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ 当社ホームページ

☆ 当社経営コンサルティング事業部ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com

すあま

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

土曜日は「休日的話題」です。

 

◆当社経営コンサルティング事業部のホームページができました。

 

土曜日は休日的話題ですが、昨日嬉しいことがあったので、一つだけ仕事の話を。

9月から少しずつ作り上げてきた当社経営コンサルティング事業部のホームページができました。

consulting.hal-biz.com

今後、いろんな情報発信をしていきます。やっと臨戦態勢が整ったという感じです。

このページ、パートさんに作っていただきました。素晴らしい。ちょっと感激です。

作っていただいたパートさんのためにも大事にしないといけない。そう思います。

 

私の悪口を言うのはいいのですが、事業部ページの悪口を言ったら、全力で潰しにいきます(笑)。

 

◆すあまって何?

 

さて、休日的話題です。

先日、東京出身の妻が突然「すあま」の話をしだしたので、「すあまって何?」と返したら、「えっ、知らないの?」と驚かれました。

 

関東の人はほとんど知っているらしいけど、西日本の人はまったく知らない「すあま」。漢字で書くと「素甘」。ちょっと甘いお菓子らしい。

 

玉出身の社員に聞いたところ、やはり知っているし、「えっ、知らないんですね・・」という反応。まったく想像がつかない・・。

 

◆そして、無性に食べたくなりました。

 

それ以来、スーパーに行っては、すあまを探す日々です。

先程も近所のスーパーに行って探したのですが、見当たらず。

でも、日頃買わない和菓子売場で、新たな発見もありました。

中村屋の羊羹はやっぱり強いですね。バラ売りでも売っていました。

 

でも探しているのは、すあま。

巣鴨の和菓子屋でやっと見つけました。

f:id:halotaconsulting:20211016131735j:plain

 

人生初のすあま。

美味しくいただきました。


◆分かった気になっちゃいけない

 

奥深い東京です。18歳の時に寝台特急さくらで上京して、34年。

東京のことはだいたい知っていると思っていたのですが、まだまだです。

 

ちょっとかじったくらいで、分かった気になっちゃいけないと。

きっと我々の仕事や日常においても同じようなことはあるはずです。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ 当社ホームページ

☆ 当社経営コンサルティング事業部ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com

普通がイチバン(その1)

株式会社エイチ・エーエルの太田です。

金曜日は「補助金のツボとコツ」です。

 

◆百文は一図に如かず

 

以前のブログで、上記のタイトルで投稿しました。

halotaconsulting.hatenablog.jp

 

そうなんです。補助金申請書は「審査員へのプレゼンテーション」であることは間違いないのですが、精緻な図は要らないのです。

 

◆いつも入れている表

 

今日は、いつも申請書に盛り込んでいる表を紹介します。

f:id:halotaconsulting:20211015091329p:plain

診断士の方なら誰でも知っている「アンゾフの成長ベクトル」です。

支援機関の方も職員研修などで、学習された方も多いと思います。

左上が既存事業。新規事業の方向性は、下か、横か、斜め下。

再構築補助金は「思い切った再構築事業」が求められているので、斜め下であれば、要件としてはOKです。

f:id:halotaconsulting:20211015091743p:plain

例えば、観光地にある地元密着の飲食店が、近隣に宿泊施設を建てる事業。まさに「思い切った再構築事業」です。要件としては、OKです。

もちろん、宿泊施設としての実現性と採算性は、きっちりと計画書にアピールする必要があります。

思い切った事業であればあるほど、実現性と採算性は疑われるからです。

 

◆「普通がイチバン」というタイトルを付けた理由

 

なぜ「普通がイチバン」というタイトルを付けたのか。

それは「審査員が必ず知っている表」だからです。

もちろん、別に上表が必須というわけではありません。それぞれの方法でプレゼンテーションするのがベストです。

でも「精緻で美しいけど、分からない人がいるかもしれない表」よりも「シンプルだけど、おそらく分からない人はいない表」のほうが良いと思って、今日のコラムをかいてみました。

 

◆その2,その3もあります

 

この話は、その2、その3があります。

実は、上の表、もうちょっと足す必要があります。

そして、矢印が斜め下じゃなくて、横か下の場合はどうするか。

なので、第2号があるという前提で「その1」というタイトルを付けました。

そう、大リーグボール第2号が出る前に、第1号と名付けた巨人の星のごとく。

 

株式会社エイチ・エーエル

☆ ホームページ

☆ 経営支援基幹システム(BIZミル)のご案内

☆ Facebookページ

☆ Twitter 

 

blogmura.com